産婦人科からの処方|トリキュラーを処方してもらう場合とネット注文する場合の比較

トリキュラーを処方してもらう場合とネット注文する場合の比較

白い薬をつまむ手

産婦人科からの処方

トリキュラー以外にも産婦人科に行けばさまざまな低用量ピルを処方してもらえます。
しかし、トリキュラーはその中でも特にリーズナブルな値段となっており、避妊効果も高いことから、トリキュラーの処方を志願する女性も少なくありません。
とはいえ、毎日継続して服用しなければ低用量ピルは効果を発揮しないため、処方された分量を飲み終えたら、また通院して処方してもらわないといけないのです。

産婦人科へ行けば低用量ピルは処方してもらえますが、受付でそのまま受け取れるというわけではありません。
必ず診察や検査を受けなければいけず、そのためにも診察費などの費用が発生してしまうのです。
診察費や検査費だけでもそれなりの費用が発生してしまうことに加え、避妊目的でトリキュラーを処方してもらう場合、保険適用外になってしまい、処方代はすべてみなさんの全額負担になってしまうのです。
また、自由診療ということもあり、産婦人科によって値段設定が違います。
これらのことから、産婦人科でトリキュラーを処方してもらおうとすると、毎回高額な出費がかかってしまうのです。

ただし、産婦人科から処方してもらうことでメリットもあります。
やはり専門家である医師の指示に従って避妊をおこなっていくため、安心感は抜群です。
また、定期的に検査をおこなう必要があるため、ちゃんと避妊できているかどうかも確実にわかります。
不安なことやわからないことがあれば、すぐ医師に相談できるというのも便利ですよね。